バイト代を全部洋服代に使ってはダメ

お洒落したいからと言ってバイト代を洋服に使ってしまうのは良くありませんね。

良い服、高い服を着るからお洒落という定義は今は古い考えで、安い洋服でも自分の雰囲気に合って着こなしていればお洒落に見えるものです。

どうお洒落して良いかわからないと、してしまいがちな買い物ですが一度見なおしてみましょう。

バイト代は洋服を買うお金だけじゃなくて友達との付き合いやデートなどでも使うし、そうした付き合いで人を観察してお洒落を学ぶことだってありますよ。

まずは回りの友達や待ちゆく人、雑誌を観察して、とにかく色々な情報を得て、その中から好きなものを選んでいくこと。

そうすれば自分に似合う色・形・着こなしがわかってきます。

「高い服=オシャレ」ではない

高い服を着ればお洒落と思っている人は少なくありません。

実際ブランド物で揃えてる人って少なくないし、あからさまに見せてる人もいます。

でもそれってすっごく似合ってれば良いけど大して似合ってもないと恥ずかしいだけ。

そうじゃなくて自分の雰囲気やスタイルに合ったものを選んで着こなしてるとお洒落に見えるしカッコイイですよね。

安い服でもそうしてお洒落に着こなしてればわからないし、高い服でも着こなしがダサければ残念ながら大して良くも見えません。

女性からの見え方も高い服をあからさまに着てるより雰囲気がカッコイイとかコーディネートがお洒落とかその人に合ってるものを見てるので意外と高い服=カッコイイとは思われないですよ。

This entry was posted in ファッション. Bookmark the permalink.

Comments are closed.